リースナブル,評判

 

リースナブルは最安値を保障して、新車の高級車をカーリースすることができます。

 

月々2万円から乗ることができ、車検、税金、登録料も込みです。
  • 「子供ができて3列シートの車に変えたい」
  • 「できればアルファードがいい」
  • 「まとまったお金が用意できない」

 

そんな場合も、カーリースでも国産車から外車まで扱っているので、好みにあった車種を選べます。

 

月々の料金も、選ぶ車種によっては、安くすることもできます。

 

ここでは、リースナブルの評判や口コミをまとめてみました。

 

参考にしてみてください。

 

リースナブル評判・口コミ

 

悪い口コミまとめ

カーリースのリースナブルの悪い口コミを調べてみましたが、今のところ特に見当たらないようです。

 

そこで、カーリースのデメリットについて説明していきます。

 

距離制限が設定されている

カーリースは契約時に、会社によって多少違いはありますが、月間の上限走行距離を設定されます。

 

そのため、毎日の通勤で車を使うなど、走行距離が多くなりがちだと使い方によっては、下取りのときに査定額が下がる場合もあります。

 

途中解約ができない

カーリースは解約期間中は途中で解約することができません、途中解約すると違約金が発生することもあります。

 

支払い総額が高くなる

車を一括で購入するよりも、カーリースの月々払いは総額は高くなります。

 

このようなカーリースのデメリットがありますが、リースナブルなら

  • 中古車市場で価格が大きく落ちる前に精算できる
  • リース期間中でも解約OK
  • 車検や各種手続きや支払いも0円

といったリースナブルならではの、サービスがあるので安心して車を選ぶことができます。

 

特に、新型ごとに乗り換えをしたいと考えているなら、リースナブルのプランなら毎月の支払負担が少なく乗ることができます。

 

では、リースナブルの良い口コミを見ていきましょう。

 

良い口コミまとめ

手際よく手続きをしてもらえてとても話しやすく、説明もわかりやすかったです。

車が急に必要になり、リースナブルに頼んだら迅速な対応で助かりました。

電話とメールでのやり取りで不安なところもありましたが、担当の方が丁寧に対応してくれました。

 

迅速な対応で念願のヴェルファイアに乗ることができ満足しています。

良い口コミでは、スタッフの丁寧な説明、迅速な対応がよかったといった声が多いようです。

 

分からないことや、不安なことは丁寧に説明したもらえるようです。

 

 

人気のヴェルファイヤ、アルファードもリースナブルなら月々2万円の支払で安くおさえて乗ることができます。

 

 

アルファードをリースした場合

リースナブルでは国産車27車種、外車7車種と多くの車種から選ぶことができます。

 

なかでも人気の高いのは、ヴェルファイア、アルファードです。

 

アルファードのプラン詳細

リーズナブル,アルファード

 

  • TOYOTA
  • ALPHARD S(アルファード) DBA‐AGH30W A Packge
  • 新車2.5L 2WD
  • 7人乗り5ドア

 

ベーシックプラン
月額×60

ボーナス加算
年2回

最安コース

18,519円
(税込20,000円)

+152,886円
(税込165,117円)

標準コース

30,000円
(税込32,400円)

+84,000円
(税込90,720円)

定額コース

44,000円
(税込47,520円)

なし

 

パーフェクトプラン
月額×60

ボーナス加算
年2回

最安コース

18,519円
(税込20,000円)

+18,519円
(税込203,997円)

標準コース

30,000円
(税込32,400円)

+1,200,000円
(税込129,600円)

定額コース

50,000円
(税込54,000円)

なし

 

パーフェクトプランはツインムーンルーフ、ガラスコーティングといったオプションが追加されたお得な設定になっています。

 

大型のミニバンは洗車やお手入れに手間がかかるので、ガラスコーティングはうれしいですね。

 

それぞれのプランは最安コース、標準コース、定額コースと選べます。

 

ボーナス時に支払う金額に応じて、毎月の料金が変わってきます。

 

毎月の支払額をできるだけ安くおさえたいなら、最安コースを選んでボーナス時に支払額を増やすか、毎月の支払いだけにしたいのなら定額コースを選ぶといいです。

 

その他のグレードで【C Package】も選ぶことができます。

 

毎月台数限定の即納車がある場合もあるので、気になる方はチェックしましょう。

 

 

リースナブルどんな車があるのか?

リースナブルでは、ミニバン、SUV、軽自動車、外車といった幅広いです。

 

ここでは、取り扱っている車種をピックアップして紹介していきます。

 

 

TOYOTA HARRIER(ハリヤ―)

リーズナブル,ハリアー

高級感あふれる都会派SUV
内外装に高級感があり、内装のディープボルドーカラーは人気のカラーです。

 

 

 

TOYOTA VOXY(ヴォクシー) ZS煌U

リーズナブル,ヴォクシー

ZS煌Uは、最上級グレードの特別使用車です。メッキパーツ、後席エアコン、6スピーカーなどを標準装備しています。

 

 

 

mazda CX-5 XD Lパッケージ

リーズナブル,CX-5

走行性能が高く、快適性もすぐれた都会派SUVです。
デザイン、走行性能、安全性とすべての要素が高水準に仕上がった1台です。

 

 

 

NISSAN X-TRAIL 20Xi

リーズナブル,エクストレイル

アウトドア派にピッタリな本格SUV
発売以来、国内クロスオーバーSUV販売台数NO,1を獲得している人気の車種です。
大容量ラゲッジに防水とアウトドアを、楽しむならうれしい機能が多いです。
エクストレイル 20Xi HYBRIDも選ぶことができます。

 

 

 

HONDA VEZEL(ヴェゼル) X Honda SENSING

リーズナブル,ヴェゼル

人気のコンパクトSUVです。
SUVの走行性能にクーペのデザインを融合させたシャープなスタイルが特徴です。
環境性能のすぐれたハイブリッドモデルも取り扱っています。

 

 

 

HONDA NBOX CustomG Lターボ HONDA SENSING

リーズナブル,NBOX

新車販売で人気NO,1の軽自動車
デザイン、乗り心地と軽自動車とは思えない室内空間は軽自動車の中でもトップクラスです。
安全運転支援システムHONDA SENSINGもついているので、安心です。

 

 

取り扱っている車種のグレードは、そのときによって違う場合もあります。

 

この他にもセダン、コンパクトカー、外車と多彩な車種から選部ことができます。

 

 

 

リースナブルの審査基準の方法は?

カーリースは、リース期間中リース料金を支払い続けることになります。

 

継続して支払えるのか確認するために審査が必要になります。

 

審査基準は、リース会社によって異なり審査基準も公表されていないですが、一般的な審査の基準として

  • 年齢
  • 職業
  • 年収
  • 住居

といった情報をチェックします。

 

成人か、定職についているか、収入は安定しているか、賃貸か持ち家かといった内容から判断されます。

 

未成年や、収入が安定していない場合、連帯保証人が必要になることもあります。

 

その他にも、クレジット会社やローン会社で支払いの遅延、延滞の履歴や現在のローン額などがチェックされます。

 

リースナブルでは、リース審査の申込もインターネットから行えます。

 

リースの審査やわからないことは、まずお問い合わせから相談しましょう。最適な料金プラン、審査の方法などくわしく説明してもらえます。

 

>>リースナブルに無料お問い合わせをする

 

リースナブルの納車までの流れ

リースナブルでは、車検、税金、登録料も込みの料金で新車の高級車をリースで乗ることができます。

 

毎月の支払いを抑えて、新車のアルファードに乗ることも可能です。

 

ここでは、納車までの流れを解説しています。

 

お問い合わせ

公式ページのお問い合わせフォームより申し込みます。
リースの疑問点やわからないことも、相談することができます。

 

プランの選択

予算や毎月の料金を計画して、希望のプランを選びます。
オプションやグレードも選択し、ボーナス月の支払いの有無といったことも選択できます。

 

事前審査

プランの選択に合わせて、リースが可能か審査の申請をします。

 

契約・お手続き

審査の申請ができたら、契約内容を確認し納得できたら成約となります。

 

契約したら、車両・ナンバーの登録手続きになります。

 

納車

手続きが完了したら納車です。

 

車検時期には、車検の案内があります。